ネクスト杉山

余りに大きな犠牲を払ったが、ようやくアルコール依存症を乗り越えたドラマーの、明日への布石

ドラマー杉山

457 飲まない自由、飲む不自由

、、、は、断酒して初めてわかる。連続飲酒中は、まず飲むことが最優先だし 「一歩立ち止まる」ことが出来ない。 俺も出来なかった。 飲めないということは一大事であって 何があろうとクリアして飲む。何なら 犯罪してでも飲まねばならない。 信頼や愛情、…

455 少々体調復活

と言うことで予定通り、断酒会に参加です。 無理せず今日はそれだけ。家を出る直前まですごいだるさだったんだが、 何とか行けたのは良かった。相変わらずのタバコの煙。喫茶ひのではこうでなきゃ。 俺、タバコやめて・・・ってか酒と同時にだけどやめてもう…

454 俺の小さな贅沢

俺は夕食後、10時半くらいに買い物に出る癖がある。近所のマックスバリュは深夜1時まで、西友は24時間だ。 しかも年内にダイイチが出来る。南平岸はやめられない。 最近の俺の贅沢は「部屋をきれいに」なんだ。 掃除するのはもちろんだが、消臭剤、芳香剤を…

451 ついに来てしまった

今日はデイケアだ。9時には出る。 7時に起床し、朝食をとり。。。。。 出られない。 何としても体が動かないんだ。 時間は迫ってくる。俺はやむなく休むと連絡、 ソファにばったり横臥し、仮眠した。 9時から17時まで。どうしたんだ、まぁ確かにずっとずっと…

444 思い出は美化される

と言うよりも、美しかったことばかりを思い出すんだ。 本来そんなそんなキレイで素敵な日々だけなんて そんなわけあるはずもない。 ある日は酔って前後不覚となって 家族に迷惑をかけただろう。 飲酒運転で逮捕され、留置場で過ごした 一晩だってあったじゃ…

436 断酒には苦労していない

本当だ。2020年6月19日を境に、定規で測ったような切り口で 酒を断った。同時にタバコもやめた。 何の苦もなかった。 俺には少々頑固なところがある。 本当のここ一番で、一度決めたことは絶対にやり抜く。 滅多にないことだが、心の根っこで決めたことは揺…

435 思いが実際の行動を左右する

一番まずいのは、無策だ。 何も考えないことだ。何も考えなければ、何も進捗しない。 そして、飲んで酔っているとき、 人間は何も考えられない。 だから何も好転しないんだ。 好転しない、イコール悪化じゃないか? 信頼も愛情も、経済も健康も、そして 幸せ…

434 退院したその日から

断酒は昨年2020年6月19日からだ。 もう1年を超えている。自助グループでは 退院後からの断酒カウントなので、その観点では 俺の断酒歴はまだ10か月と言う事になる。2020年10月1日に退院し、その瞬間から変わったわけではない。 悲観に暮れている一時期や、完…

427 鬱と孤独感を解消できる瞬間

今のところ唯一なのが音楽の現場だ。こちらは先日の全体レコーディングの模様。 こちらは昨夜、ドラムレコーディングのためのプレスタジオワークだ。レコーディングのためのドラムのためのマイク、スタンドを揃え、onでの狙いをテストするためのスタジオ現場…

423 断酒で発生した変化

いくらでもある。言ってみれば「何もかも変わった」 それじゃあ身もふたもないので例を挙げてみたい。 ◆ 財布支出の減少は著しい。500mのストロングチューハイ、 一日平均4本はのんでいた。1本200円平均だとして800円、 一日一箱のタバコが1個270円、合わせ…

421 飲んで逃げていたこと

逆のいい方も出来る。逃げるために飲んでいた、 その中身を思い出してみたい。 ◆ ドラマーじゃなくなった自分何と言ってもまずこれが第一であり、最悪の事実だった。 俺にとってたった一つの拠り所、ドラマーとしての自分が 末梢神経障害によって、本来なら…

412 生きがいのあるなし

それがアルコール依存症の治療、回復には欠かせないと思う。悪いことじゃなければ何でもいいんだ。 俺の場合は何度も書いているように、音楽:ドラムだ。 昨日、怒涛の10時間レコーディングに臨んだばかりだ。 自助グループに通い、色々な方々のお話を聞いて…

410 熱中症になって思い出した

今朝は眼科で術後の経過診断だった。 最寄りの地下鉄駅から20分ほど歩く。 気温は30度を楽に超え、きゅの最高気温は 予報の段階で34度だ。コンビニには大量の酒が 陳列されている。買う気になんて全然ならない。 俺は正午に帰宅し、ソファに突っ伏してしまい…

408 どうやら乗り越えた、

俺は確かに乗り越えた。2020年6月19日から一滴も飲んでいない。 ついでにタバコも同時にやめた。 飲み物を買わなくなった。朝食用の牛乳と麦茶の大袋だけだ。 毎週月曜の断酒会は喫茶店なので 俺はアイスコーヒーをたのむ。 退院以後、購入したのはこれだけ…

403 夏とコロナ禍

10年前から3年前あたりにかけて、夏と言えばビアガーデンだし BBQだしジンギスカンだし。飲まない週など全くなかった。好きだったのはノルベサ屋上のビアガーデン、 そしてラフィラ屋上のビアガーデン、札幌ファクトリーの ジンギスカンビアガーデン、テ…

391 欲が満たされそうな時、報酬となる

アルコールならば「酔う」のが報酬だ。 パチンコなら大当たりの時かな。やらないからわからん。 FXやCFD取引なんかもそうだと思うんだ。PCのモニター上では、さっき入れた1万円が 2万3万になってる。これを4万5万にしたいよね。 すると何が起こるか…

387 ろくなことがなかった一日

そんな中でもリハーサルは最高だった。糖尿病から来る末梢神経障害で、俺の両手足は 常時しびれている。すさまじい早さのシングルバスドラ2拍や 両手と足によるコンビネーションが売りだったのだが 現在の状態では当時のドラミングは全く持って無理だ。それ…

386 最後の贈り物

・・・だったんだと思う。 俺への最後の贈り物。 俺と言う純粋な一人の人間のために、何が一番良いのか。 それは、まず病気を治すこと。治療を邪魔するものは すべて排除してあげよう。そう考えてくれたと思う。 長期入院治療が必要なので、働けない。 なら…

385 幸せの根源

それは「何も起こらない」ことじゃないか? 何も起こらなかった今日の一日をご案内。今日、俺は10時から歯医者だ。 左右奥歯の部分入れ歯を合わせる作業と 仮歯をいただくんだ。具合はいい。だが3食及び就寝時には外して洗うのが 習慣になるまでなかなか…

380 眠くならない

困っだことだが、オオゴトではない。 寝られないなら寝なきゃいい。ここ回明堂眼科は、どこもかしこも 清潔感がある。不快にならない。今いる四人部屋、居るのは俺一人。 この広さでら4ベッドか。贅沢だ。 小樽いしばし病院は似たような 広さで7ベッドだった…

376 今日はリハーサルでもあったが、それより・・・

元妻の誕生日なんだ。昨年は入院真っ最中で、メッセンジャーしか出来なかった。 今日まで、絶対に忘れたことがないのが7月10日だ。 所有する、ある種のカードの暗証番号にさえなっている。俺は昨日、考えた結果、 コーヒーを買うことにした。自分が飲まない…

374 褒められるのが嫌いなわけ

以下の投稿がある。褒められるのが苦手なのは 恐らくこの辺に原因があると思う。 sugiyama-yuuichi.hatenablog.comsugiyama-yuuichi.hatenablog.com仕事や人付き合いなど、色々な要素があるが、 せっかくだ、ドラマーとして考えてみよう。 ドラマーとしての…

371 よくやった、そんなこともあった

俺が23、妻が19の時に出会った。 俺はドラムの先生。妻は教室の生徒だった。 本当に長いこと付き合っていたんだ。 7年ほどになる。妊娠が分り、今で言う 出来ちゃった結婚となった。妻の両親からの大反対(当然)もあって 所帯を持つまでが本当に大変だった…

360 断酒後、自然な変化

一番は音楽再開、ドラマー復帰だろう。コロナ禍でなかなかスムーズには進まないが、それでも少なくとも後退はしていない。 View this post on Instagram A post shared by 杉山雄一 (@sugi1023jp) 最初は三味線の杉中と実質2名でのスタートだったが、Voとタ…

356 不都合の原因は劣等感だ その3

この投稿は短期続きものです。その1、その2を 以下にご案内しますので宜しかったら是非。sugiyama-yuuichi.hatenablog.comsugiyama-yuuichi.hatenablog.com 俺の劣等感は始末が悪いことに、その裏返しの方が 全面に出ていた。つまり、人から見たら劣等感どこ…

352 断酒一周年を迎えて、その3:最終回

俺の本当の再出発の瞬間を、過去ログに投稿してある。 sugiyama-yuuichi.hatenablog.com その前には、わずか3日間で考え方が変わったことについて投稿した。 sugiyama-yuuichi.hatenablog.com 一般閉鎖病棟に解放されたとき、もう俺は恐らく顔が違った。 生…

323 断酒を決めた以上は

俺は感じ方、考え方、価値観、全てひっくり返す。 ひらめいた「カクテルドラム」という可能性に 俺は内心沸き立った。これなら行ける!と。 心で生き方を決めたのは隔離部屋から出た日、 忘れもしない6月18日だった。間もなく1年になる。一年しか経過してい…

322 決めたことは決めたんだ

俺は元来そのあたりは極めて頑固な自覚がある。 やるって決めたらやり切るんだ。23歳から40歳まで務めた楽器メーカー勤務時代。 元々バッテリーのプラマイも知らなかった俺は 「せめて杉山が修理出来ればなぁ」と何度も言われた。 俺は自慢じゃないがそんな…

316 「気」と言うもの

俺はあると思います。 アマゾン流域、現代文明とは完全に隔絶した原始時代さながらの生活をしている部族。密林の中で生きる彼らが畑や住処を作るためにとっている開墾方法が、実は「全員で木々に罵倒の声を向ける」1年を待たずにその周囲の植物は枯れ果て、 …

298 心に穴が空いている

愛されず育てられてきたこと。 殴られ怒鳴らて育ったこと。 萌芽はそのあたりと思う。生きることがつらかった。子供の頃、俺には居場所がなかった。当時の俺は、多分現代なら何らかの適応障害か発達障害と診断されたんじゃないだろうか。何度か特別教室に入…