ネクスト杉山

余りに大きな犠牲を払ったが、ようやくアルコール依存症を乗り越えたドラマーの、明日への布石

アルコール依存

465 孤独感に勝てるようになって行ったこと

俺の孤独感は、昨年の10月1日、退院直後はきつかった。 恐らく3月くらいまでは、ほとんど毎日泣いていた。わかるだろうか、一人暮らしの部屋にあるものすべて 箸の一膳に至るまで元々家庭で使っていたものなんだ。 目に入るもの、手に触れるもの、全てに元の…

464 ゴミの分別の場合

アルコール依存症の場合はもう間違いなく 適正に分別など出来ない。気にならないんだ。 ただしアルミ缶だけはよくわかっている。 家庭を維持していた頃住んでいた町は、一戸建ての 住宅街だった。我が家も一戸建てで、実に良い家だった。 その家の一本裏に町…

463 考え方のチェンジで全部変わる

例えばゴミ捨て。俺は家族で暮らしている頃、本当にゴミの分別が嫌いだった。 「いいよそんなの、まとめて捨てちゃえ」位は思っていました。 今は独り暮らしなのでその辺も自分でちゃんとすべきですね。なので札幌市発行のゴミ収集カレンダーをキッチンの隅…

462 幸不幸を自分の都合に合わせる

それが大切だと思う。 それで特に誰かに怒られるわけでもあるまい。 今現在依存症に苦しんでいる人は、こんなblogは見ない。 絶対に見ない。ご覧頂いてるのは、恐らく寛解された方か 回復途中、断酒途中の方々と予想します。 だって「アルコール依存症」など…

461 悪いことの方が目立つ

それは絶対間違いない。 1、バスで座ってたらお年寄りが乗って来たので席を譲った ・ 2、優先席に座っていたお年寄りを蹴倒して自分が座った。 これ、 物理的にはただの正反対だけど、1番は「良くあるいい人」 2番は「下手したら逮捕」だよね。 良い悪いは…

459 自分で思ったような人間になる

そう何度も生徒に言っていたんじゃなかったのか?俺が出来ていなかったよ。俺が俺を責めて責めて 鬱になって当然の精神であり、勝手な決めつけ、断定。だからそんな人間になっちゃうんだよ。 「酒に逃げて家庭を壊した大馬鹿野郎」と、いつまでも 思ってるか…

458 自分で自分を貶めてどうするんだ

今日、気づいたことがありまして。 あのね、「俺自身が俺を許していなかった」んですよ。 6年前からずっと自分で自分に「このクズやろう」 「お前なんていなくなれ、いっそ死ね」などと 心で頑なに思っていました。 私は幼いころからずっと母親に 「笑うな、…

457 飲まない自由、飲む不自由

、、、は、断酒して初めてわかる。連続飲酒中は、まず飲むことが最優先だし 「一歩立ち止まる」ことが出来ない。 俺も出来なかった。 飲めないということは一大事であって 何があろうとクリアして飲む。何なら 犯罪してでも飲まねばならない。 信頼や愛情、…

456 食事に手間暇をかけるわけ

実際にはレトルトカレーもあるし、袋ラーメンも在庫してるよ。全然使わないんだけど。まぁ持つから、持っている分にはいざってときに便利ですね。 俺は男一人暮らしの割に、妙に手間暇かけて食事を作る。料理が好きで、作ることが苦じゃないことが一つ。 一…

455 少々体調復活

と言うことで予定通り、断酒会に参加です。 無理せず今日はそれだけ。家を出る直前まですごいだるさだったんだが、 何とか行けたのは良かった。相変わらずのタバコの煙。喫茶ひのではこうでなきゃ。 俺、タバコやめて・・・ってか酒と同時にだけどやめてもう…

454 俺の小さな贅沢

俺は夕食後、10時半くらいに買い物に出る癖がある。近所のマックスバリュは深夜1時まで、西友は24時間だ。 しかも年内にダイイチが出来る。南平岸はやめられない。 最近の俺の贅沢は「部屋をきれいに」なんだ。 掃除するのはもちろんだが、消臭剤、芳香剤を…

450 欝との対峙

退院直後からひどい場合鬱に悩まされた。 今はもう思い出せない孤独感に スッポリ庇われた。思い出すのは つい半年前まで一緒だった家族の記憶だ。 俺の部屋にあるものは全て家族で一緒に 使っていた物ばかりだ。全てに思い出がある。 まだ開梱していないダ…

449 酒をやめる気なんてなかった:最終回

最後の飲酒日は、オタモイ海岸だ。 コンビニで4本購入し、終着「オタモイ海岸」で降りた。 ぼんやりと波を見つつ飲む。きっちり4本飲み切った。 俺は病院に戻るべく、幹線道路目指して歩いた。 途中に古い個人商店があったので、ビールを1缶買った。 時間ギ…

448 酒をやめる気なんてなかった:その3

入院中、医師と手紙のやり取りをする。 手紙と言ってもレポート用紙で、 指示された内容を子細に書き、医師からは一行返信がある。 その繰り返しだった。 俺はもう完治しており、入院の必要性がないこと、 そもそもこの病院に居ること自体ストレスであること…

447 酒をやめる気なんてなかった:その2

毎日飲んで飲んで時間感覚もなかったが、 進めなきゃならない新規web案件があり、 連日目覚まし時計を使って起床し、辛うじて仕事をしていた。夕方、一息ついて酒を買いに行く。 俺はそんな毎日を過ごし、入院日を待った。 入院当日。俺は明け方まで飲んでい…

445 酒を飲むという地獄

目覚める。枕元には半分程度入った缶チューハイがある。 まだぼやっとしながら飲む。一気に空になるまで。 のろのろと起き、そのままの格好でコンビニへ向かう。 酒を買うんだ。タバコや肴も一緒に。 9%のストロングチューハイを4本。350缶を2本。 350缶は…

443 飲みたかったんじゃない。酔いたかったんだ

一番奥底にあったのは、悔しいんだが アダルトチルドレンであったことだろう。 「であった」どころじゃない、どの書籍や専門書を読んでも 俺は典型的なアダルトチルドレンだった。実は結構ショックだった。 俺は幼いころによく母親から「笑うな」「はしゃぐ…

442 アルコール依存症を乗り越えた男の一日

・起床:午前9時 ちょっと遅く起きた。前の晩、若干夜ふかししてしまったので。 ますはバルコニーのカーテンを開けて窓を全開にする。 スェットを着て、居間のカーテンも開けて窓を全開にする。 我が家のカーテンは高機能な遮光カーテンだ。 閉じていたら真…

441 自由と不自由

一体である要素もある。一人暮らしだ。男の一人暮らしは、人生最大の贅沢とも言われる。 俺は一人暮らしが始まって10ヶ月。最近やっとベースが掴めてきている。快適にしているし清潔にしている。見た目にもかっこよくしており、いつ誰が来たって何ら問題はな…

439 笑顔と涙

入院中はもちろん、退院直後も 俺は笑ったことがなかった。人から見たらわからない。愛想笑いだろうと「あ、笑ってる」と 見られたかもしれないが、心の中はずっと泣いていた。いや、心の中どころじゃないな。 実際にずっと泣いていたんだ。 だから俺は退院…

438 希望と絶望

これは実に難しいんだが、 今現在で言えば希望に満ちている。 俺にとって一番大切にして生きて来た「音楽」がある。 仲間がいて共に同じ理想に向かって突き進んでいる。 これを希望と言わずして何というのか。 2014年のドラマー引退以後、これが全部なくなっ…

436 断酒には苦労していない

本当だ。2020年6月19日を境に、定規で測ったような切り口で 酒を断った。同時にタバコもやめた。 何の苦もなかった。 俺には少々頑固なところがある。 本当のここ一番で、一度決めたことは絶対にやり抜く。 滅多にないことだが、心の根っこで決めたことは揺…

435 思いが実際の行動を左右する

一番まずいのは、無策だ。 何も考えないことだ。何も考えなければ、何も進捗しない。 そして、飲んで酔っているとき、 人間は何も考えられない。 だから何も好転しないんだ。 好転しない、イコール悪化じゃないか? 信頼も愛情も、経済も健康も、そして 幸せ…

434 退院したその日から

断酒は昨年2020年6月19日からだ。 もう1年を超えている。自助グループでは 退院後からの断酒カウントなので、その観点では 俺の断酒歴はまだ10か月と言う事になる。2020年10月1日に退院し、その瞬間から変わったわけではない。 悲観に暮れている一時期や、完…

433 気持ちよく生きたことがなかった

それが飲んでる頃の俺だった。 -----不潔----- 入浴しない、洗顔しない、歯を磨かない、着替えない、 下痢で漏らしてそのまま、枕元に吐いてそのまま。 恐らく俺全体から悪臭が立ち上がっていたことと思う。 酒の空き缶がPC周りに転がっている。 …

432 思い出を物理的に捨てる

今朝は6時に目覚め、朝食後髪を染めている。 放置時間の間に投稿しよう。 思い出を断ち切ることの難しさを知った。 記憶は捨てられないし、思いは募る。だが物は? 先月の「突如執行の大掃除」で、俺は30年以上保管してきた 元妻;当時の彼女からの無数の手…

431 アルコール依存症と精神障害

当然ケースバイケースであり、連続飲酒の果てに精神を病む場合、 何らかの精神障害がアルコール依存を呼び込む場合、どっちもある。 俺が長期入院していた小樽の病院には、軽度の知的障碍者がいた。 会話していて「?」な、例えばADHDが疑えるような男もいた…

430 思い出と記憶が一つずつ消えて行く

家族で、何年使っていたのかな。 このフライパン。 テフロンが大分なくなって、こびりつくようになったので 安物だけど深めのを買ってきた。これは燃えないゴミで廃棄。 他にも不要な金属類を集めて火曜日夜にステーションだ。多分家族の食卓で大活躍してい…

428 過去の間違いが及ぼす未来への影響

過去の間違い。間違いなくアルコール依存症になったことだ。多種多様な間違いがあれど、その原因は全て酒だった。 無数のけが。人への暴言。空気を読めない行動。 だらしない日常、ウソ、だます、なく、わめく。 全てアルコールの作用だ。 これは強がりでは…

425 謝らない。反省しない。振り返らない

本当は謝りたいよ?反省を見せて許しを請いたい。でも、俺には許されないと思う。 謝る、その先には「許してもらう」前提がある、 俺は許されることはない。事実は消えないんだ。 一時期は愛し合い、信頼し合い、人生の伴走者として 何十年も共にしてきたそ…